メールマガジン準備中!

よく噛んでますか?作業効率上昇とストレス軽減の話

皆様、食事の時に食べ物を口に入れてから

しっかりと噛んでいますか?

よく噛むことは様々なメリットがあります。

 

今回は、咀嚼の大切さについてお話したいと思います。

今まで心理学的テーマが続いていたのに急に咀嚼って・・・・

って思う方もチョットお待ちください。

ちゃんと、意味合いがありますので!!

実証の論文に基づいて解説したいと思いますので、

最後までお付き合いいただけたらと思います!!

 

余談ですが、「かむことのちから」って文章が

小1とかの国語の教科書に載ってたことが

強く記憶に残っています。

子羊

どうでもいいようなそうでもないような・・・。

咀嚼は脳を活性化させる

集中できないときは咀嚼!

いざ、集中しよう思ったものの、

なかなか集中できないってことありますよね。

そんなときは咀嚼です!!!咀嚼!!しましょう!!!!

 

お菓子をお供に作業をすることってありませんか?

何かを口に含んでいると、

眠気が緩和される感じしますよね。

 

咀嚼は、脳の活動を活発化させてくれるのです。

なぜなら、それはセロトニンの分泌を促しているからです!

子羊

セロトニン?hah?

セロトニンとは

セロトニンとは、「幸せホルモン」とも呼ばれており、

精神的な安定をもたらしてくれる脳内物質です。

セロトニンが増える→頭がスッキリする、目が覚める、集中力が高まる

セロトニンが減る→集中力低下、不安、寝つきが悪い

つまり、セロトニンは、睡眠・活動状態の調節だけではなく

不安や痛みの抑制を促す働きまでしてくれるのです。

このことから、単に脳の活動を活発にするだけではなく、

うつ病や不眠の対策にも良いといわれています。

咀嚼についての検証

ガムを噛むことで作業効率が上がる

さて、咀嚼が集中力を高めるというお話ですが、

作業や勉強にもってこいなのが、ガムです。

 

眠気覚ましに味がキツめのガムもありますが、

普通のガムで問題ありません。

咀嚼をすることに意義があるわけですから。

 

こんな実験があります。

ガムを噛むことが記憶と学習へ与える影響

を検証した実験です。(一部抜粋)

ガムを噛むチームとタブレットをなめるチームに分け、

数唱課題と記憶課題を2回行い、

スコアの伸びを測定しました。

結果としてガムを噛んだチームの方が学習効果が高かった

というデータが得られています。

 

はい、咀嚼は作業効率を高めてくれるのです。

ぜひ勉強やデスクワークのときに

ガムを噛んでみてください!!

ガムを噛むことがストレスを減らす

では、もう1つ。

咀嚼によるストレス軽減効果を検証した研究です。

10名の大学生を対象に、

(ガム)咀嚼ありチームと咀嚼なしチームに分け、

作業後のストレスを測定しました。

結果はもうお分かりの通り、

咀嚼ありの方が高いストレス軽減効果をもたらした

ということです。

 

咀嚼の効果テキメンですね。

うつ病防止のトレーニングにも使われるわけです。

最後に

噛むことが作業効率を上げ、ストレスを減らしてくれる

というお話しでした。

まあ、デメリットがないものですから、

ぜひ導入してみてくださいな。

 

リンムー

最後までご覧いただきありがとうございました!!

<引用文献>

参考 ガム咀嚼が記憶・学習に及ぼす効果 (1)J-STAGE 参考 咀嚼によるストレス軽減効果J-STAGE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です