メールマガジン準備中!

《自分のことを打ち明ける》仲良くなるにはそれがすべてさ

会話

あなたには、親友と呼べるつながりは、何人いますか?

親友がいることと幸福感には密接なつながりがあります。

 

お金ももちろん幸福感に繋がるのですが、

一定の収入を超えるとお金だけでは幸福にはなれない、

という調査の結果があります。

 

ツライことがあったりしたら、

お金には相談できませんよね?

 

そこで、今回は親しい関係構築の入り口!!

その名も【自己開示】という切テクニックをお教えします。



昔はなぜ友達が作りやすかったか

幼稚園や小学生のころを思い出してみてください。

友人と話すときに自己紹介をしていませんでしたか?

「好きな漫画は、ゲームは、イケメンは~・・」

思ったことは何でも打ち明けてきたと思います。

 

中学校や高校では、

部活動でぶつかることもあれば、涙を流して喜びあったり。

好きな人を取り合っては、仲たがいして、仲直りして。

 

自分のことを何でも分かってくれる友達って

青春時代の友達が多くはないですか?

卒業してから合う頻度が減っても、居心地のいい場所

そんな風に感じたりしませんか?

 

大学生になると、関係は希薄になる傾向

大学生や専門学校生になってくると、

出会う人の数や、年齢も様々であり、

「とりあえず授業で一人にならないために」

「とりあえず大学生活を楽しむために」

というような感じでで色んなサークルに属してみたり、

色んな人と仲良くなってみたりしますよね。

 

心理学調査では、大学生になると

「授業友達」「テスト友達」のような

目的別の友人関係を作る傾向にある

というデータも出ています。

 

繋がりが増えれば1人当たりとの

接する時間も必然的に減っていきますよね。

「よっ友」なんて言葉が存在するくらいに。

 

仲良くなるための第一歩は自分を知ってもらうこと

昔は、自己紹介で自分のことについて話すだけではなく、

怒ったり、泣いたり、笑ったり、友人に対して

様々な感情を露わにして付き合ってきたかと思います。

 

つまり、自分のことを打ち明けることが大切なのです。

心理学の世界では「自己開示」といいます。

自分のことを相手より先に打ち明けるというのがポイントです。

 

心理学には、「返報性の法則」というものがあります。

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情

―Wikipediaより

ということです。

 

「相手がこんなこと打ち明けてくれてるし、

 私も何か打ち明けようかな・・・・」

といった感じです。

 

ここでのポイントは、何を打ち明けるのか

です!!!

 

心理学者ゲイリー・ウッドが提案する

「自己開示に適した10のテーマ」

を参考に紹介していきます!

 

1.お金や健康への心配

「最近、飲み会が続いてて出費がヤバいんだよね・・・」

「最近、お酒飲みすぎてお腹がでてきた・・・。痩せないと」

お金や健康の悩みは相手にも

同じ悩みがあることで親密度が高まります。

2.自分が何にイライラするか

「食事が汚い人って見ていられない」

「話が長い人ってホント苦手」

お互いのイライラするポイントが分かることで、

相手がどんな人間かを知る意味もあります。

3.人生で何に幸福を感じるか

「最近は、おいしいものを食べてる時が幸せなんだよね!」

「子供の笑顔を見るのが一番の幸せだな~」

こんな話題なら相手も楽しく聞くことができますよね。

4.自分が改善したいこと

「給与収入だけじゃ足りなくて、ブログを始めたんだ」

「さすがに痩せないとヤバいから、ジムに通う予定」

きっかけや、解決策まで話すようにしましょう。

詳しく聞かせてほしい!ってなりませんか?

5.自分の夢・目標

「将来的には、起業することが目標なんだ」

「今年中にTOEICで800点超えたい」

夢や目標はポジティブな話で聞きやすいですし、

将来展望を考えている人しか話せないことから

上昇志向のある人だと感じられます。

6.性的な話(若干の下ネタ)

「私、男性の○○フェチなんだよね~」

「昨日も、彼女が泊まりに来たから寝れなかったよ(笑)」

これは、言い方やタイミングを慎重に選びましょう。

でも、性生活の相談って、こういう人にしやすくないですか?笑

7.自分の弱点

「とにかく、欲しいものができたら買うまで気が済まないんですよ」

「初対面の人と仲良くなるのが苦手で、改善しようと頑張ってます」

弱みを打ち明けられるのは強い人です。

自分も打ち明けてみようかな・・ってなりますよね。

8.どうしても許せない、怒ってしまうこと

「身だしなみが悪い人はかっこよくてもムリかな」

「あの新人は遅刻ばっかりするからもう仕事教えたくない」

許せないと思うことが相手と似ていると、親近感湧きますよね。

9.自分の趣味や興味

「海外に行くと、いろんな刺激を受けるから、これからたくさん行こうと思ってる」

「痩せるだけじゃなくて、リフレッシュにいいみたいで、週2回はランニングしてる」

興味を持ったきっかけも併せて話せば、

相手の人間性がわかりますよね!

10.恥ずかしかった体験、罪悪感を覚えた体験

「忘年会の一発逆が全くウケなかったんだよね、、苦笑」

「前まで上手くいかないと、家族とか友人に当たってしまってて迷惑をかけた」

「失敗を乗り越えてきたんだな」「人の痛みが分かる人だな」

と思わせることで、信頼されやすくなります。



最後に

さて、関係構築の入り口「自己開示」について触れてきました。

まとめると、以下の通りです。

1.お金や健康への心配

2.自分が何にイライラするか

3.人生で何に幸福を感じるか

4.自分が改善したいこと

5.自分の夢・目標

6.性的な話

7.自分の弱点

8.どうしても許せない、怒ってしまうこと

9.自分の趣味や興味

10.恥ずかしかった体験、罪悪感を覚えた体験

 

友人関係を作る際だけではなく、

ナンパ・合コンでのネタや、

営業トークにも生かすことができます。

近づきたければ、まずは自分から打ち明けること。

 

これを意識したら、いいスタートが切れるのは間違いありません。

自分のことは隠してたら誰もわからない。話して楽になることもありますよね!

リンム―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です