メールマガジン準備中!

「質問」こそ最強のインプット法である

子羊

最近、アウトプットって言葉が流行ってるよね~
アウトプット系の本とか、最近多いね!

リンムー

Twitterをやっていると、最近アウトプットというワードをよく見る気がします。かくいう私も、アウトプットを目的としてブログをやっているのですけどね。

収益のことは一切考えておりません。

https://twitter.com/____engawa____/status/1146052997073424384

くれぐれも、収益が目的ではないです。大切なことなので2回言います。

 

さて、本題に入ります。今回のテーマは【「質問」こそ最強のインプット法である】です。アウトプットの大切さを語りたいところですが、まずはインプットからです。なぜなら、少しでも有意義なアウトプットをするためには有意義な情報をインプットしないといけないですよね?

大学にて心理学を4年間学んできたリンムーが今回は一肌脱いで心理学の観点から「質問」の意義について語らせていただきます。

自分に対しての「質問」

子羊

ふぁ?

質問は質問でも「自分に対しての質問」です。チョットこのままでは曖昧なので解説をさせていただきます。

樺沢先生の著書「学びを結果に変えるアウトプット大全」にも質問するというチャプターありましたが、質問をすることは、アウトプットでありながらインプットを高めるための最高の手段であると考えます。

今回は、読書を例にしてお話していきたいと思います。

自分は何を知りたいのか?

皆さんは何かしら「見たい」「知りたい」というのような動機があって読書をすることと思います。しかし、本を読むにも、きっと本当に知りたい情報というのは全体の10%程度であって、残りの90%はそうでもない情報。

そんな時は、「この本から得たい知識はどのようなモノ何なのか」という質問を自分に投げかけてみましょう。これにより目的が明確化されます。目的が明確化すると、自分が欲しい情報に注意が向くのです。

スーパーで探し物しているときは、常にその商品を頭に思い浮かべますよね。視界にたくさんの商品がある中でも、余計な商品は景色となり、脳は思い浮かべている商品が目に入りやすくなるよう状態となっています。

もしかして:カクテルパーティー効果

心理学の世界には「カクテルパーティー効果」という言葉があります。

子羊

楽しそうな名前だなあ!

周囲の環境のうち、自分に必要な事柄だけを選択して聞き取ったり、見たりする脳の働き。 カクテルパーティーの騒音の中で、会話をする相手の声だけを判別できるような選別能力を言う。―コトバンクより

カクテルパーティーのようなワイワイ騒がしい状況の中でも、自分の名前など自分の関心の高い言葉だけは聞き取れてしまうという意味もあります。

読書やセミナーのように自己投資をするのであれば、まずは何を目的とするのかを自問してみましょう。そうすることで、自分の関心事が頭の中で整理され、溢れ来る情報の中でも自分が欲しい情報をピックアップすることができます。他人のブログを読む際も同じですヨ。

「いい本だった」で終わること、ありませんか?

せっかく読んだ本も、「いい本だった」という感想で終わってしまっては、非常にもったいないです。いざ、誰かにオススメしようと思ったものの、何がいいのかを説明できないなんてことありませんか?

子羊

あるある。

そこでも効果を発揮するのが「質問」なのです。

何がよかった?なんでよかった?

本を読んだ後に、毎回ちゃんと振り返る方ってどれくらいいるでしょうか。「いい本だったな~」で本棚にしまってしまうことはありませんか?

そんなときにおすすめなのが、読書後にamazonなどへレビューを投稿することです。

何が書いてあったのか、何がどう響いたのか、頭の中を整理しながら文字に起こすことで記憶に定着しやすくなります。

もしかして:想起

頭の中を整理するために脳内では記憶が「想起」されているのです。

過去に経験した事物,事象やそれに関する表象を思い起すこと。特に記憶心像を再現する過程,またはそれを報告することをいう。―コトバンクより

インプットに関して、想起することは記憶の定着を促進します。たとえば音読は、声に出すことで強制的に文章を思い起こします。たとえば問題演習は、例題や類題の解放を思い出します。

子羊

どれも学校でやってきたことだ!

想起とは、学習において大切な過程であり、質問をすることが物事を想起させるトリガーとなるわけです。

最後に

さて、質問することが最強のインプット法であるという意味が分かりましたよね。

ぜひ、当ブログを読んだ後にも「なぜ質問をすることが最強なのか」という質問を

自分に対してしてみてください。約束ですよ!!

最後までお読みいただきありがとうございました!!

リンムー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です